がん遺伝子治療《「遺伝子の病気」は遺伝子で治す》

p53遺伝子導入によるがん治療

がんは遺伝子の病気です。目の病気には目薬、胃の病気には胃薬を飲みます。それと同じように遺伝子の病気は〝遺伝子で治す〟ことが必要です。遺伝子治療は、異常な遺伝子やダメージを受けた遺伝子を持つ細胞に対して正常な遺伝子を大量に送り込み、がん細胞のなかで活発に働かせることでがん細胞を自滅するように導く治療法です。

ゲノムの守護神「p53」遺伝子の働きによる治療効果

●がん抑制遺伝子ともいわれる「p53」遺伝子はDNAを監視する役割を担っていて、正常に働くことのできない遺伝子は細胞死(アポトーシス)するように働きかけます。つまり、異常な細胞が増殖し続けてがん化しないように警備しています。

●がん細胞では高頻度な割合で、このp53遺伝子に異常や変異が見つかっています(右下表)。ですから、正常なp53遺伝子をがん細胞に送り込んで、細胞内で活発に働かせることでがん細胞を縮小させます

治療方法は簡単で副作用も少ない治療です

●rAD-p53製剤(製品名:ゲンディシン)という薬を注射や点滴で投与するだけです。

●p53遺伝子を細胞内へ送り込むために、アデノウイルス(風邪の原因ウイルス)を利用しています(ウイルスに感染させることで細胞内へp53遺伝子を送りこむ仕掛けです)。ですから、発熱や吐き気など風邪に似た副作用がでることがあります。

手術・抗がん剤・放射線療法との併用効果も期待できます

●p53遺伝子導入によるがん治療は、抗がん剤や放射線療法で起きる副作用を軽減して治療の効果を高めることが研究や治療の実際において証明されています。具体的には次のような治療が可能になります。

  1. 【手術前に腫瘍を縮小させる】
    がんを小さくしておけば、当然手術はしやすくなります。大きな副作用はありませんので、手術前に免疫力を低下させることもありませんし、画像検査では見えない微小ながん細胞を攻撃することにもつながりますので、がん再発の予防にもなります。
  2. 【手術では取りきれなかった腫瘍の増大防止と縮小】
    手術療法で、がんを完全に取り除けなかった場合や、肉眼では見えない微小ながんが残ってしまう可能性への対策となります。また、手術後は体力が消耗していますので、副作用の少ないがん遺伝子治療は、抗がん剤療法よりも早いタイミングで行なうことができます。
  3. 【抗がん剤療法の休薬期にもがん細胞縮小が可能】
    抗がん剤療法は副作用が大きく、免疫力が低下するために連続で治療は行なえません。ですが、その休薬している間にもがん細胞は大きくなっていきます。休薬中にがん遺伝子治療を行なうことで、がん細胞を縮小させることは効率的な手段です。
  4. 【放射線療法との相乗効果を期待】
    放射線療法を受ける2~3日前に使用すると、放射線の治療効果を高めて副作用を軽減します。また、放射線治療後に、さらにその治療効果を増大させることにも期待ができます。

エンドスタチン導入によるがん治療

私たちの細胞には血液によって酸素や栄養が運ばれてきます。脳では数分、肝臓では1~2時間血流が止まれば細胞が壊死して回復することはありません。
がん細胞も同じで、血液から酸素や栄養を得て増殖活動を行なっています。ですから、そのエネルギー供給を絶ってしまえばがん細胞は生きていくことができません。

エンドスタチン遺伝子の働きによる治療効果

●がん細胞にはもともと血管がありません。そこでがん細胞は、増殖していくために新しい血管(血管新生)をつくって周囲の細胞から血液を引いてくることをします。

●そこで、エンドスタチンという血管新生を阻害するタンパク質を働かせることで、がん細胞に新しい血管をつくらせなくして酸素や栄養を絶ち、がん細胞を壊死させます。

治療方法は簡単で副作用も少ない治療です

●rAD-Endostatine製剤(製品名:E10A)という薬を注射や点滴で投与するだけです。

●p53製剤と同じで、遺伝子を細胞内へ送り込むためにアデノウイルス(風邪の原因ウイルス)を利用しています。ですから、発熱や吐き気など風邪に似た副作用がでることがあります。

酸化療法との併用効果も期待できます

●エンドスタチンの働きによって低酸素状態になったがん細胞は、鉄分が集積しやすい状態に陥ります。そこで、酸化治療のアルテスネイト内服治療を併用すると強い酸化ストレスを受けて、がん細胞は壊死しやすくなります。

p53遺伝子治療
P53遺伝子の変異割合
非黒色腫皮膚がん80%
肺がん70%
大腸がん60%
卵巣がん60%
膀胱がん60%
頭頸部がん60%
胃がん45%
食道がん40%
リンパ腫30%
前立腺がん30%
肝臓がん20%
乳がん20%
白血病10%
Page Top