がんについて《新免疫複合細胞療法》

1つの正常な細胞に何らかの原因が加わって遺伝子変異がおき、それが修復されずに1つの小さながん細胞が発生します。その小さながん細胞は≪免疫機能≫が攻撃してそれ以上増えないようにしてくれています。
健康な人でも毎日3,000個ものがん細胞(がんの芽)が発生しているといわれます。でもそのほとんどは、免疫細胞たちが摘み取ってくれるおかけで大きながんの塊になることはありません。
ところが、免疫機能の低下や不全が起こることによって、異常な細胞が≪免疫機能≫の高度な防御システムを潜り抜けてしまい増殖して「がん」となります。

体に「がん」が発生するとさらに免疫機能が低下します。

がんが増殖をはじめると、さらに増殖しやすい環境をつくるために免疫機能を低下させます。そうなると、がんの増殖に拍車がかかり、ますます免疫機能が低下するという悪循環に陥ります。そこで、弱くなった免疫機能を〝強化〟するのが「がん免疫細胞療法」です。
免疫細胞療法は、自分の血液から採取して元気にパワーアップさせた免疫細胞を再び自分の体の中に戻す治療方法です。自分自身の細胞を活用するので、副作用の心配はほとんどありません。

細胞培養で免疫細胞を増やす

新免疫複合細胞療法とは、免疫機能(システム)の改善です。

私たちの体中をめぐっている血液やリンパ液の中では、たくさんの免疫細胞が活躍しています。免疫細胞にはそれぞれに役割があって、システムとして機能しています。ですから当クリニックでは、どれか1つだけの免疫細胞を強化するのではなく、臨床で活用可能な7種の免疫細胞を培養して強化し、元気な免疫細胞たちを体内に戻して免疫治療のメリットを最大限に体感していただけるようにしています。

特にナイーブT細胞を増やす治療法に最も期待しています!

ナイーブT細胞は、キラーT細胞・ヘルパーT細胞といったさまざまなT細胞に分化する前の若い細胞です。
ナイーブT細胞は樹状細胞と接触を繰り返して、がん細胞の特徴を覚えます。がん攻撃の任務を与えられるとやる気を出して増殖期に入り、機能ごとに分化を始めます。CD8T細胞は「キラーT細胞」へ、CD4T細胞は「ヘルパーT細胞」の1型(Th1)、2型(Th2)になります。キラーT細胞は教えられたがん細胞を攻撃し、その役割を終えると「メモリーT細胞」へと分化して記憶したがんの情報(目印)を保持したままリンパ節で生き続けます。ヘルパーT細胞は司令塔のような存在で、免疫の働きを監視して指示を出します。1型はキラーT細胞をパワーアップ(活性化)させ、2型はB細胞にがんに対する抗体をつくらせる役割を担います。

このように、さまざまなT細胞に変身してくれるナイーブT細胞を培養するには特殊な技術が必要です。現在では当クリニックを含め、京都府立医大など全国で5か所しか行っていない『ナイーブT細胞による強力な免疫細胞療法』を北海道で受けることが可能です。

カルナメドが培養する3つの免疫細胞-1 カルナメドが培養する3つの免疫細胞-2

カルナメドでは免疫システムを活性化します

血液中にあるたくさんの細胞が連携を取りながら、免疫を「システム」として稼働させています。免疫治療によってがん細胞を攻撃するためには、「標的の情報を得る」「その情報を伝達する」「情報をもとに攻撃する」といったシステムそのものを強化する必要があります(下図参照)。

Page Top