カルナメドのがん検診 《がんリスクスクリーニング》

がんリスクスクリーニング

がん罹患の可能性を明らかにします

 当クリニックでは「アミノインデックス技術」を用いたがんリスクスクリーニングで、がんであるかどうかの可能性を判定しています。アミノインデックス技術とは、血液中のアミノ酸濃度を測定することで健康状態やさまざまな病気の可能性を明らかにする解析技術です。この技術が最近では〝がんリスク〟判定にも応用できるようになり、『アミノインデックス®がんリスクスクリーニング(AICS)』検査が可能になりました。
 

アミノ酸濃度のバランスが指標です

 ヒトはタンパク質の塊ですが、そのタンパク質の材料になっているのが20種類のアミノ酸です。体を構成している部品を調べることで、がんのリスクを見極めようとする検査方法です。血液中のアミノ酸濃度は健康な人では一定に保たれますが、がんに罹患すると20種類のアミノ酸濃度バランスが崩れ、がんの種類ごとに特異的な変化が表れます(下記図表参照)。

検査方法

① 検査の方法はとても簡単で、5ml 程度の採血をするだけです。
② 1回の採血で、男性は4種類、女性は5種類または2種類のがんリスクについて検査を行ないます。

男性AICS(4種類)胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん
女性AICS(5種類)胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん
女性AICS(2種類)乳がん、子宮がん・卵巣がん
検査結果

AICS検査では、それぞれのがんの確率を0.0〜10.0の数値で表し、数値が高いほどがんである確率が高くなります。
そのリスクを判断する目安としてA〜Cのランクに分類し、がんリスクの傾向を3段階で表示します。

ランク分類ランクAランクBランクC
AICS値0.0〜4.95.0〜7.98.0〜10.0
胃がん1/3,200【0.3倍】1/625【1.6倍】1/98【10.2倍】
肺がん1/2,963【0.3倍】1/536【1.9倍】1/111【9.0倍】
大腸がん1/2,000【0.5倍】1/789【1.3倍】1/122【8.2倍】
前立腺がん1/2,222【0.5倍】1/469【2.1倍】1/156【6.4倍】
乳がん1/1,509【0.7倍】1/556【1.8倍】1/250【4.0倍】
子宮がん・卵巣がん1/4,000【0.3倍】1/682【1.5倍】1/86【11.6倍】

※統計的にがんである確率は1/1,000(1,000人に1人)といわれます。上記の表ではその確率を元にリスク表示しています。

Page Top