カルナメドのがん検診《「がん未疫段階」からケアする》

複数のがん検診の特徴をとらえて、単独もしくは複数の検査を組み合わせることにより「超早期にがんを発見する」「すでに存在するがんを見逃さない」検診を実現するのが“カルナメドのがん検診”です。

次の方は当クリニックの〝定期的がん検診〟をおすすめします。

  1. 「がん年齢」を迎えた方(男性40歳以上・女性20歳以上)
  2. 「がん再発」を防ぎたい方
  3. 「がん」のリスクを調べたい方(遺伝性・家族性) → → →
  4.  

がんという病気に罹った場合、健康面やご自身の将来について不安を抱えることはもちろんですが、社会的・経済的な問題にも直面します。厚労省の調査では、がんと診断された人の3割強が仕事を失っています。また、“再発”した場合には、がんとの付き合いも長くなり治療費用がかさんでいく面があります。就労不安・経済不安・家族のサポート負荷というリスクを事前に回避するためにも、日々の健康管理はもちろんですが“定期的ながん検診”はとても重要です。超早期発見による「発病回避」「再発予防」「根治」を目指し、カルナメドでは下記5つのがん検診を行なっています。

《検査の目的と特徴》

まだ「がん」は形成されていないが、将来「がん」を発症する確率を把握する検査(がんになりやすい体質の検査)です。

「がん」の存在を疑ったり、またはその存在が強く示される検査です。

画像検査などでは「がん」が見当たらないが、すでに存在している「がん」をより的確に、速やかに発見する検査です。

「がん」の形成を認識しているが「がん」の悪性度やその性質、さらに転移があるかどうかを確認する検査です。

カルナメドのがん検診とがん発生〜成長関係
カルナメドのがん検診とがん発生〜成長関係図
Page Top