治療Q&A

Q. そもそも「免疫」とは何ですか?

自分ではない(非自己)を見分けて排除する、体の防衛システムです。

 私たちの体の中では毎日がん細胞が生まれています。そして免疫応答は、そのがん細胞を攻撃しています。免疫とがん細胞が毎日綱引きをしていて、免疫が優勢であればがんは増殖することなく抑え込まれ、がんの勢いが強ければ増殖して大きな腫瘍となります。私たちの血液やリンパ液の中で免疫細胞が活躍していて、大きくは「自然免疫細胞」「獲得免疫細胞」の2種に分かれます。自然免疫は自然に備わった反応で貪食細胞(マクロファージ、樹状細胞、好中球など)が異物を排除します。獲得免疫はがん細胞などの特別な抗原を認識して攻撃し、おもにT細胞が関与しています。がんを殺す能力を持っているのは〝T細胞〟〝NK(ナチュラルキラー)細胞〟〝NKT(ナチュラルキラーT)細胞〟などです

自然免疫細胞

  • ナチュラルキラー細胞
    【ナチュラルキラー細胞】
    ウィルスに感染した細胞やがん細胞を破壊します。
  • ナチュラルキラーT細胞
    【ナチュラルキラーT細胞】
    ナチュラルキラー細胞とT細胞の両方の役割を持っています。自然免疫として異物やがん細胞を攻撃し、同時に自然免疫から獲得免疫への情報の連絡役も行います。
  • 樹状細胞
    【樹状細胞】
    異物を取り込んでその情報を獲得免疫のT細胞に伝えます。
  • 顆粒球
    【顆粒球】
    好中球、好酸球、好塩基球の3種類があり、酵素や活性酸素で異物を攻撃します。
  • マクロファージ
    【マクロファージ】
    侵入してきた異物を食べて消化します。また、T細胞に侵入者の情報を伝えます。
  • マスト細胞
    【マスト細胞】
    炎症を促進する働きをします。

獲得免疫細胞

  • T細胞
    【T細胞】
    キラーT細胞は抗原情報から侵入者を攻撃します。また、レギュラトリーT細胞は侵入者や異物の排除が完了すると免疫応答を終わらせます。
  • B細胞
    【B細胞】
    ウィルスや細菌などの侵入者を無毒化する抗体や、攻撃対象の目印となる抗体をつくります。

 がんの元になる細胞を見つけると真っ先に働くのはNK細胞です。NK細胞の攻撃をくぐり抜けたものは、NKT細胞・キラーT細胞(CTL)が攻撃します。このキラーT細胞は、異常な細胞を見つけてはさっさと殺してしまう「殺し屋」です。この殺し屋にがんの情報を教えているのが樹状細胞(DC)です。免疫細胞はそれぞれに役割を持ち、それぞれが連携することによって防衛システムとして機能しています。

Page Top